適切な治療を受けるためにいろいろな情報を得よう

リフォームで危険排除

リフォームで危険場所を取り除く

最近ではリフォームをする住宅がとても増えました。そこで問題になってくるのが、どういった場所をどういう風にリフォームするかとういう事です。実は家の中というのは、意外なところに危険が存在しています。 リフォームをする際には、こういった家の中に存在する危険な部分を理解したうえで、その危険を取り払うようなリフォームをする事が肝心です。家の中で一番危険な部分というのは、階段です。階段は一度すべると大事故につながりやすい場所のためです。 特に高齢者や女性は階段での事故が多いため注意が必要です。階段のリフォームで重要になってくるのが、手すりをしっかりと握りやすいものへ変更する事です。また足元が見えやすいような階段にする事が大切です。

さまざまな工夫により安全に

階段の段に思い切ってカーペットを引いてみると良いです。摩擦抵抗が増えて滑りにくくなりますし、クッションが効いて高齢者への足腰の負担が減ります。 住宅で階段の次に危険な部分は、浴室です。浴室のリフォームで重要なのは、手すりをしっかり固定する事です。また浴室にはガラス製品をおかずに滑り止めマットなどを引くことも良いです。浴室の水洗のデザインでは角張ったものを選ばずに、体に当たっても怪我にならないようなものを選ぶのも大切です。 また浴室は気温の変化が激しい場所です。よって高齢者はショックをおこし血圧があがったりします。浴室をリフォームする場合にはぜひ暖房装置を設置するのがおすすめです。浴槽の蓋はとってのついたものを選ぶと、より安全になります。